スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ご存知の方は人はスルーでw

 2010-01-23
経験のある方はご存知の方も多いと思いますのでスルーして下さいねw
最近は初心者の方も増えてきていますので、ご紹介しておきたいことを書きます。

ランド厩舎の2歳馬の適正距離をご覧ください。


2010y01m23d_013212640.jpg


2010y01m23d_013219000.jpg


2010y01m23d_013236234.jpg


A、B、C全て1000~適正となってますが、中心距離は分かりますか?
単純にAが1200m、Bが1300m、Cが1400mだろうと思われるでしょう。
がしかし、3頭とも中心距離は分からないというのが正解です。
ある程度成長して測定してみれば判明はすると思いますが、この相馬眼の表示だけでは分からないんですね。

実は距離は1000mからの表示しかできない仕様になっていますが、実際には1000m以下が適正距離になっている場合があるということなんですね。
例えばCの1000-1800適性の牡馬が引退して種牡馬になったときに適性距離が「短」と表示される場合があります。
種牡馬の適性距離の表示は短、短中、中、中長、長の5つに分類されますが、これは同馬の適性距離の中心距離が表示されるようになっています。
従って1000-1800適性で短表示される場合を考えると、1400mは短中距離になりますから、短表示になることはないはずです。
しかし短表示という現象が起こるのは、1000m以下の距離が適性距離になっていると考えることが出来るわけです。

A馬が1000-1400でスペシャリストだと喜んで、いざ測定してみたらタイムが出ないなんてことがあるかも知れません。
実際には800-1400なのかも知れませんから。

B馬にしても、測定してみたら1000mや1200mの方がタイムが出るような場合には、600-1600という適性距離かも知れません。

ということは、相馬眼の適性だけを鵜呑みにして走らせるだけでなく、しっかりと測定して最も適した距離で勝負をするということも大切になってきますね。
まぁしかし1000m~表示以外は鵜呑みにしてOKですがねw

ではでは^^ノシ




スポンサーサイト
タグ :
コメント
そうそう、そうなんですよね~w
まあ、どちらにしても騎手の関係もあるから中間距離=速い、じゃないのがまたクセモノですよね^^;

相馬眼使うと忘れがちですけど、適正見て思い込まないでタイム測定は必須ですね^^b
【2010/01/23 03:32】 | クロスケ #- | [edit]
やっぱり一番得意な距離(騎手の適性も含めて)で走らせてやることも勝利数アップの条件ですからね~^^
いくらお金を使っても、しっかりと測定することは必要ですね^^

コメありでした~♪
【2010/01/23 13:29】 | 新潟ランド #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://keidenland.blog23.fc2.com/tb.php/319-b4bc8931

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。