スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

最強馬と呼ぶに相応しい勝ち方とは

 2009-12-18
久々に競馬伝説も音楽も離れてリアル競馬のお話です。

以前にダッヂさんと話していたときにも話題になりましたけど、最も強い勝ち方って逃げて圧勝するレースだと思うんですね。
自分でペースを作って、どのラップも最速を記録するような逃げ切り勝ち。
なかなか見られない勝ち方ですけど、見てて感動ものです。
そんなレースをご紹介します。

1975年の桜花賞のテスコガビーのレースは圧巻です。
オイラは今でも最強牝馬はテスコガビーだと思ってます。

杉本さんの実況も印象的ですよね^^
第三コーナーから第四コーナーにかけて他馬を引き離し、直線では更に末脚を伸ばして突き放す。
恐ろしいまでのレースです。


1976年の朝日杯3歳ステークスのマルゼンスキーも圧巻です。

2着のヒシスピードもマルゼンスキーのスピードにはついて行けず、直線では引き離される一方というレースでした。


最近では1998年の金鯱賞のサイレンススズカでしょう。

何度見ても圧巻ですね><
秋の天皇賞が残念でなりません><;


最後は史上最強馬セクレタリアトのベルモントSです。

対抗人気のシャムが並んでついて行こうとするものの、向う正面で早くもついて行けず脱落。
あとはセクレタリアト1頭だけが別次元の競馬をしています。
いつ見ても圧倒されます。
強い馬が強いレースをするのもブラッドスポーツ競馬の醍醐味ですね。

ではでは^^ノシ


スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。