スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

繁殖評価法

 2009-11-09
海外鯖、ロンシャンやアスコット、チャーチルなどなどの鯖は古鯖なんて呼ばれてますが、歴史があるだけに偉大なる先人さんがいます。

チャーチル鯖のちよよさんやアスコット鯖の医龍さんなどは非常に有名で、特にゲームの根幹にも係わる繁殖牝馬の評価法なども有名ですね^^

新潟鯖も10Sを終えようとしていますが、これだけシーズンが進んだ鯖ではシステム繁殖×システム種牡馬の産駒ではなかなかOPを勝てる馬を生産することは困難になってきています。
自家製の繁殖や種牡馬をいかに繋いで高パラ繁殖や種牡馬を生産していくかを考えていく必要があります。

繁殖は牧場・厩舎運営の根幹を担いますので、当然良質な繁殖を作り上げていくことになるわけですが、全ての生産牝馬を牧場に残せるわけではありません。
そこで牝馬を繁殖として残すかどうかを判定する基準が必要になるわけですね。
そんなときに1つの判断基準として活用できるのが医龍指数でありちよよ指数と呼ばれる方法です。

今回は医龍指数をご紹介しておきます。
【医龍指数】
・芝指数
スピード+スタミナ+瞬発力+(根性+気性+パワー+芝適正)×0.5

・ダート指数
スピード+スタミナ+パワー+(根性+気性+瞬発力+ダート適正)×0.5

パラのE~SSを1~7の数字に置き換えて計算します。
E=1、SS=7ですね。


上記の指数では持続が考慮されていません。
持続は表パラとして表示されないことから評価法に反映されていないわけですが、当然持続はスピードやスタミナと同様に非常に重要なパラですから、上記の指数に加えて持続も考慮する必要はあるでしょう。
無料垢といえども持続だけはKPを購入して相馬眼で確かめるべきだという根拠でもあります。
もし持続も判明していれば上記の医龍指数を改良して使うこともできるでしょう。


医龍指数が上位だから優秀な繁殖であるというわけではありませんが、取捨選別の1つの基準として活用してみるのもいいと思います。

例えば2頭の牝馬のうち1頭を繁殖として残したい場合には、牧場・厩舎の目標がダート路線であれば、ダート指数がより高い牝馬を残すことになるでしょう。


では具体的に指数を計算してみます。
CCR垢の自家製繁殖キャットウェーブの評価です。
2009y11m09d_185635612.jpg

☆芝指数
SP6+ST6+瞬発力4+(根性6+気性5+PW6+芝適正5)×0.5=27

☆ダート指数
SP6+ST6+PW6+(根性6+気性5+瞬発力4+ダート適正7)×0.5=29

以上の評価になります。
ダート向きのホクトベガやダリアのダート評価が28ですので、持続SSのキャットウェーブの方が優秀であろうと推測されます。

あくまでも評価法は1つの判断基準ですので、指数が高いことが繁殖の優劣とイコールではありませんので、その辺りは十分に理解しておいて下さい。


ではでは^^ノシ




スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。